go to Vino top page



Grenache Merlot Cabernet Franc / Trevor Jones



vino 名称 Grenache Merlot Cabernet Franc / Trevor Jones
(グルナッシュ・メルロー・カベルネ・フラン / トレヴァー・ジョーンズ)
産地 オーストラリア、サウス・オーストラリア州バロッサ/マウント・ロフティ地区 (Barossa / Mount Lofty Ranges)
ワインのタイプアルコール度数 14.2%
使われているブドウ グルナッシュ、メルロー、カベルネ・フラン
ブドウの収穫年 2001 輸入業者 株式会社ミレジム
味わい 渋さ(★が多いほど渋い) ★★☆☆☆
酸味(★が多いほど酸っぱい) ★★★★☆
重み(★が多いほど味が濃い) ★★★☆☆
香り(★が多いほど香りが強い) ★★★☆☆
好み(★が多いほど自分は好き) ★★★☆☆
買った日とお値段 2004年09月18日 / 1480円
買ったお店 wineya.com 楽天市場店
飲んだ日 2004年09月29日



深いワインレッド。さわやかな果実の甘酸っぱい香り。しっかりした酸味とバランスをとる豊かな甘み。まろやかな口当たり。強いアルコールが喉を熱くし、鼻へ抜ける香りも豊か。渋みはあまり強くないが、ほどよい塩味が味のべたつきを抑え、果実味豊かながらもさっぱりした仕上がりになっている。オーストラリアらしい熟した甘みが楽しめる。

■ 今日の料理 ■
キャベツのアンチョビ炒め
スカモルツァのオーブン焼き
キノコと蒸し鳥のグリーンサラダ
パンチェッタ

キャベツはアンチョビで炒めただけ。最後にほんの少し白ワインを振りかけたが、シンプルな調理と味付けで、それぞれの味わいが豊かに風味よく楽しめる。今日使ったアンチョビはちょっと生っぽい感じのあるものなので、ワインと合わせるとどうかなと少し心配だったのだが、じつは今日の料理のなかでこれがいちばん相性がよかった。ワインの持つ甘みと野菜の甘みがうまく調和し、アンチョビの塩味が全体をまとめる感じ。
スカモルツァをオーブンで焼いてメインディッシュ代わりにするというのは、去年イタリア・トスカーナ地方のルッカの街に行ったときに知った。それ以来、けっこう頻繁にうちの食卓にあがるメニューとなったが、いつ食べても安心して美味しく楽しめる。ワインとの相性も悪くないが、甘みの強いオージーワインよりは、やはり酸味の美しいイタリアンワインのほうが相性がよさそう。
イタリア産のパンチェッタを食べるのは、じつはこれが初めてかもしれない。日本では「イタリア製ベーコン」と訳されることが多く、実際見た目もベーコン風なのだが、生でそのままつまみとして食べられるところが日本のベーコンとは違う。脂身もいっぱいついているのだが、脂っこさがまったくなく、印象としては旨みの強い生ハムといった感じ? 当然ワインのつまみとしても最高で、味と旨みの強いオージーワインともいい相性。美味しゅうございました。








(C)MOA
inserted by FC2 system