THERION


SECRET OF THE RUNES (2001年)

   セリオン / シークレット・オブ・ザ・ルーンズ



    jacket photo
  1. GINNUNGAGAP (Prologue)
  2. MIDGARD
  3. ASGARD
  4. JOTUNBEIM
  5. SCHWARZALBENHEIM (Svartalfheim)
  6. LJUSALFHEIM
  7. MUSPELHEIM
  8. NIFELHEIM
  9. VANAHEIM
  10. HELHEIM
  11. SCRET OF THE RUNES (Epilogue)







こういうロックは、どういうジャンルに入るんですか? ゴシック・メタル? よくわからないんですが、デビュー当時はたしかデス・メタル・バンドっていわれてましたよね、スウェーデンのTherion(セリオン)。でも、このアルバムには、いわゆるデス声(ぐわぁぁぁぁぁとかいうやつ)はいっさい入ってなくて、なんと全編が合唱(クワイア)です。男声、女声、混声が入り混じり、バックにはオーケストラが鳴り、めちゃめちゃクラシカル&ドラマティック!

こういうロックを探してたんです! 合唱ロック/ポップス・ファンの自分にとってストライク・ゾーンど真ん中です。

クラシックの持つ重厚さとドラマティックさ、そして美しいメロディに、ロックのリズムと力強さが乗る。もともとはそういう音楽が聴きたくてプログレッシヴ・ロックのファンになったのだけど、プログレはどんどん違うほうへ進んでいってしまいました。

その後、Vaiper(ヴァイパー)やAngla(アングラ)、Helloween(ハロウィーン)、Gamma Ray(ガンマ・レイ)といったメロディック・スピード・メタルにそのスタイルの幻影を見たのだけど、合唱が入ることはほとんどなく……。

さらにその後、ちまたではソプラノ・ヴォーカルなどを導入したデス・メタル/ゴシック・メタルなどが話題になったので、そこにも幻影を求めていくつか聴いたのだけど、デス声になじめず、曲自体もドラマティックさに欠けていて、根本的な部分で「違う」ものであることにがっかりしたのですよ。

この過程のなかでTherionも1枚、聴いたことがありました。『Symphony Masses / Ho Drakon Ho Megas』なんですが、それほどいいとは思わなかったんだよなぁ。いい「要素」はあるんだけどね。なので、ずっとTherionのことを忘れてたんです。

で、このアルバム。ネット上で「すごい」という噂を目にし、ためしに聴いてみました。Therionって聴くのはじめてだなぁとか思いながら(以前に聴いたことがあるのをすっかり忘れてた)。そしたら……。

もう、涙出そうです。そう、そう、こういうのが聴きたかったのよ、ずっと。

クラシカルなヴォーカル・スタイルとドラマティックで厚みのある演奏、美しく重厚でヨーロッパのロマンと哀愁あふれるメロディ。もうヨーロッパでしかありえないロック・ミュージック。素晴らしい!!

手元にあるのがアルバムからのコピーなもので、詳細なデータその他がわからないのが残念です。CD買うかな。

(2004.07.25)







Musica

Pensiero! -- la Stanza di MOA

(C)MOA

inserted by FC2 system